読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅白がもたらした素敵な文章

以下、畑中雅美さんのFacebookを引用。

私の大好きな「赤毛のアンの中で、こういうくだりがある。
自分は可愛いと自認している女子が、学校で1番イケてる男子であるギルバートに「ねぇ、1番可愛い子は誰だと思う?」と質問する。
ギルバートは「1番かしこいのは、アン・シャーリーだ」と答える。
これはもちろん、ギルバートからのアンへの告白の言葉なんだけど、アンは「かしこいと思われるより、可愛いと言われたかった」と思ってしまう。

読者である私は、アンの賢さを愛するギルバートが大好きだった。
そして、孤児という不利な状況からバカにされまいと必死に勉強していながらも、彼から可愛いと思われたいというアンのどうしようもない気持ちに泣きそうになった。

駒崎 弘樹さんはギルバートのような人だ。
その正義感が大好きだ。
でも、あの場にユニフォームではなく精一杯のドレスアップをし、メイクしてきた吉田沙保里選手が、もしも強いよりも可愛いと言われたいと思っていたとしたら、そのことを否定しないであげて欲しい。そんなのお前には必要ないだなんて言わないで欲しい。
「そのままでもう女の子らしい。努力する必要なんてない」というりゅうちぇるの言葉は、くだらないかもしれないけど、嬉しい言葉だったかもしれない。

ギルバートがいるから、アンは「呪い」の中でも頑張れる。
駒崎さんはそのままずっと憤ってて欲しい。
私は、彼女を美しいと讃えたい。


すごく素敵な文章を書く人が世の中にはたくさんいる。
特に、Facebookではそういう人たちを見つけやすい。